一般皮膚科・形成外科 DERMATOLOGY・PLASTIC SURGERY

形成外科plastic surgery

皮膚腫瘍

皮膚腫瘍

症状

皮膚腫瘍には良性と悪性のものがあります。良性の皮膚腫瘍には「粉瘤」「ほくろ」「脂漏性角化症」「脂肪種」等があります。悪性の皮膚腫瘍には比較的多いものとして「基底細胞腫」「有棘細胞腫」「悪性黒色腫」等があります。

治療方法

良性の腫瘍でも気になる場合はご相談いただき、切除することも可能です。悪性の場合は手術や外用の治療となります。

爪のトラブル

爪のトラブル

症状

巻爪や陥入爪などがあります。

治療方法

日常生活やテーピングの指導などを行います。症状がひどい場合は手術を行うこともあります。

傷痕

傷痕

症状

けがや熱傷の痕、手術の痕などがあります。

治療方法

傷痕の状態により、内服や外用治療を行います。ご希望により、手術や美容治療も行います。

眼瞼下垂

眼瞼下垂

症状

眼を開けようとしても上瞼が十分にあがらず、瞳孔が隠れてしまい、視界が狭く物が見えにくくなる病気です。

治療方法

上瞼を持ち上げる筋肉や眼筋を縫い止めたり、短くしたりする手術を行います。

粉瘤

粉瘤

症状

皮膚の下にできた袋の中に垢がたまってできる良性の腫瘍で、コロコロとしたしこりとして触れます。
そのままにしておくと少しずつ大きくなることがあります。また感染を起こして赤く腫れあがることもあります。

治療方法

摘出手術を行います。
当院では局所麻酔の日帰り手術を行っています。(大きさや場所によっては形成外科専門医による手術となります。原則として予約制です。)
感染を起こしたときは 必要に応じ抗生剤の投与や切開術を行います。治療の目的は感染のコントロールとなりますので対処療法となりますが、状況によっては感染を起こしていても手術を行うこともあります。

受付時間
09:00~12:30 -
14:00~16:30 - -
【火曜・木曜】
 ~19:30

【金曜】
 ~18:30
-
18:00~
- - -

○ ・・・ 皮膚科  ★ ・・・ 形成外科

休診日:日曜・祝日

美容皮膚科・形成外科は予約制です。事前にインターネット又はお電話にてご予約をお願いします。