ドクターブログBLOG

制度改革 by 形成外科 阿部周策Dr

2017.01.16

形成外科 阿部周策dr

 
副院長のブログにもあるように、この土日はセンター試験でした。
私も日曜日朝にたまたま乗った地下鉄には会場に向かう学生服姿の受験生が。
電車の中でも参考書や自身のまとめノート?に目を通している子が多かったですね。
最近はiPadとかで勉強している人もいるのかなと思って観察してみましたが、そのような人は見当たらず、ホッとしたと同時にちょっと残念なような…。
 
それにしてもセンター試験ってだいたい天候には恵まれませんね。そういう年の記憶が残りやすいだけかもしれませんが。
 
 
 
これはもちろん福岡の光景ではありません。試験(あるいは勝負)の時の雪ってなんか妙にやる気になるというか血が騒ぐというか…と感じるのは私だけでしょうか。
 
 
 
さて、そんなセンター試験も2020年1月実施の回を以って、その歴史に幕を閉じるようです。理由はいろいろ言われていますが、
国の見解としては「先行きが予想しづらいこれからの社会では、知識の量だけでなく、自ら問題を発見し、答えや新しい価値を生み出す力が重要になる」(*)からということだそうです。
 
は?....
 
と思わずつぶやいてしまいました…
 
(*)はその通りだと思いますが、それでなぜ現行のセンター試験を廃止して衣替えするのかは「?」です、私は。
(というか、そもそもこれまでは先行きが見通しやすい時代だったのでしょうか??バブルとかあったけど。ま、いっか。)
 
ただ、これはいろいろな観点からギロンすることができる問題で、「本音」と「建前」が1つずつあるような単純な構造ではないでしょう。センター試験を廃止してあたらしい評価方法を導入すれば解決するとは思えない問題を数々内包しているように思います。
 
しかし、国が制度を変えようとするということは…
現行制度の下に社会に巣立っていく人材が、現場のニーズに応えられていない
のでしょう、きっと。
 
制度といえば、医療界も他人事ではなく、日本が世界に誇っていたハズの皆保険制度も危ういですし、現行の専門医制度も新しいシステムに移行しつつありますが問題山積で先が見えません。。。
よい制度は大変価値がありますが、万能な制度はなく、変化する社会の実態に即した制度に適宜修正していく必要があるでしょう。
言うは易し…。
 
 
浄水皮ふ科クリニックHP http://josui-hifuka-clinic.com/
受付時間
09:00~12:30 -
14:00~16:30 - -
【火曜・木曜】
 ~19:30

【金曜】
 ~18:30
-
18:00~
- - -

○ ・・・ 皮膚科  ★ ・・・ 形成外科

休診日:日曜・祝日

美容皮膚科・形成外科は予約制です。事前にインターネット又はお電話にてご予約をお願いします。