ドクターブログBLOG

帯状疱疹 by院長

2016.09.21

皮膚科

こんにちは。院長です。

気がつけばもう9月下旬です。

このところ暑かったり涼しかったりと気候が安定しません。
最近、その天候も影響して帯状疱疹の患者さんが増えています。

帯状疱疹は 過去に水疱瘡(みずぼうそう)になったことがある方に起こる病気です。
水疱瘡のウイルスは通常の風邪と違い、治ったら体から消えるわけではなく、一度感染すると体から出ていかずに神経の中にひそんでしまいます。


普段は静かにしていますが、体が弱った時に(ウイルスは弱いものいじめですから)勢いを増して増殖します。
神経の中で増殖して炎症をおこします。
神経で増殖したあと皮膚に感染 してくると、赤い皮疹として目で見て帯状疱疹と分かります。

 


帯状疱疹の皮疹は概ね2ー3週間で軽快することが多く、皮膚のただれからきていた痛みは 皮膚の治りと共に軽快します。

 

しかし帯状疱疹での一番の問題は神経痛です。
もともと神経の中で増殖して炎症を起こすのですが、これが非常にやっかいでとても痛く、場合によっては激痛となり、患者さんを苦しめることになります(帯状疱疹関連痛)。

 

皮膚の治り方と違って、痛みは経過中にどんどん増悪することもしばしばあります。

帯状疱疹はありふれた病気ではありますが、慎重に経過を追っていく必要がある疾患だと考えています。

疼痛コントロールにはかなり気を配っておりますが、中にはそれでもコントロールが難しい場合があります。
そのときは時期を逃さぬよう、患者さんと相談しながら早めに痛み専門の「ペインクリニック」を紹介させていただくようにしています。



痛みは経験者にしかわかりません。神経痛は特にそうです。

診察の時は我慢せずにおっしゃってくださいね。

今週末は再び気温が上がりそうです。
寒暖の差にやられて体調をくずさないよう(免疫がおちないよう)、しっかり睡眠、栄養をとりましょう。

浄水皮ふ科クリニックHP http://josui-hifuka-clinic.com/

受付時間
09:00~12:30 -
14:00~16:30 - -
【火曜・木曜】
 ~19:30

【金曜】
 ~18:30
-
18:00~
- - -

○ ・・・ 皮膚科  ★ ・・・ 形成外科

休診日:日曜・祝日

美容皮膚科・形成外科は予約制です。事前にインターネット又はお電話にてご予約をお願いします。