ドクターブログBLOG

エスプレッソ by 形成外科 阿部周策Dr

2016.11.21

形成外科 阿部周策dr

今年は秋があったのかなかったのかよくわからないうちに急に冷え込むようになりましたね。
寒い時の、あたたかい飲み物はほんとにホッとさせてくれます。
 
先日、付き合いの長い形成外科医3人で食事に行く機会があり、最後に食後の飲み物を選ぶというよくある場面に。
私は迷わず「エスプレッソ」にしたのですが、コーヒーでたまに胃もたれを起こしていることを知っている二人は驚いていました。
 
 
 
 
これはその時のエスプレッソではなく、先日木曜日の診療終了後にスタッフと行ったカフェでのエスプレッソ。私のプライベート愚痴に付き合ってくれました。
 
 
 
 
コーヒーは香りも風味も好きなのですが(なので飲んでいる最中には何の問題もないのですが…)、飲み終えてしばらくすると胃が重い感じになるので自重することがよくあります。
 
イメージ的にはエスプレッソは、コーヒーをさらに凝縮させた感じがするので胃に負担がかかりそうなのですが、
 
自分の経験上はエスプレッソの後は不思議と胃もたれしないのです
 
その夜もエスプレッソは私の胃にやさしかったです。
 
 
で、確かに先入観と合わないんだよなーと思って調べてみると…
 
エスプレッソの方がむしろ胃にやさしい
 
ということを知りました !!
いつのころからかウェブ上を席巻している「NAVERまとめ」を始めとする多数のサイトに載っていました。
 
 
 
 
 
しかも結構最近の論文です。2014年。普通の人が趣旨を理解できる研究テーマ、すきです。
 
 
 
 
ちゃんとアカデミックな研究もなされていて、
これまた意外だったのは、
 
問題はカフェインとは別にあった
 
という事実。
私なりに上記論文を超手短かにまとめさせていただくと
 
・コーヒーには胃酸の分泌を促す作用を持つ物質(C5HT, CGA)とそれとは逆に胃酸分泌を抑える物質(N-MP)がふくまれている(過去の研究から)。
普通のコーヒーと深煎りコーヒーを健康な有志に飲んでもらって得られたデータ(胃の中のpH)からは、深煎りコーヒーの方が胃酸分泌が少なく、胃にやさしいと言えそうだ。
・C5HTやCGAとN-MPの比が胃もたれしやすさのカギではないかと示唆される。
普通のコーヒーと深煎りコーヒーに含まれるカフェインの濃度は同じだった。
 
 
直接エスプレッソと普通のコーヒーを比べているわけではありませんが、
エスプレッソコーヒーに使われるのは深煎りの豆なので、おそらく上記の深煎りコーヒーの傾向がエスプレッソにも外挿されると(勝手に)解釈しました。(というか、していたことに後で気づきました。。。)
 
市販の各メーカーから出されている缶コーヒーのうち、私(の胃)はタリーズのものが最も相性がよいのですが、それも深煎りだったからなんだなぁ(タリーズは他社のものに比べて明らかに深煎りです、多分)と納得しました。
 
カフェイン濃度がコーヒーよりも濃いはずの緑茶で胃もたれしないというのはそういうわけだったのか!
 
と、個人的にちょっと不思議に感じていて物事たちが次々とスッキリ★
 
 
からだは実に正直ですね。
 
 
浄水皮ふ科クリニックHP http://josui-hifuka-clinic.com/  
受付時間
09:00~12:30 -
14:00~16:30 - -
【火曜・木曜】
 ~19:30

【金曜】
 ~18:30
-
18:00~
- - -

○ ・・・ 皮膚科  ★ ・・・ 形成外科

休診日:日曜・祝日

美容皮膚科・形成外科は予約制です。事前にインターネット又はお電話にてご予約をお願いします。